不要になったファンヒーターをリサイクルショップで売りました

私は東京都在住の、20代女性です。

子供が生まれ部屋が狭くなったため、引越しをすることとなりました。

以前の家は暖房器具として、灯油ファンヒーターを使用していました.

引越し先では、灯油ファンヒーターが使用不可のため、2台の灯油ファンヒーターの処分をすることにしました。

5年ほど使用していたこと、猫を買っていたこともあり、外観に多少の傷や汚れがあり、あまり高く売れることは期待していませんでした。

ですが自治体への処分を頼むには費用がかかりますし、1円でもお金になったら嬉しいという思いがあり、リサイクルショップに持ち込み、買取をしてもらうことにしました。

不用になったファンヒーターの買取は、ハードオフさんへ持ち込み

ネット買取の利用も検討しましたが、物が大きいため断念し、自宅の車で持ち込める場所にある、ハードオフというリサイクルショップに行きました。

数あるリサイクルショップの中でどうしてハードオフにしたかというと、普段から車でお店の前を通っており、いつも次々と品物が持ち込まれているのを見ていたため、気軽に利用することができると思ったからです。

ファンヒーターの買取の流れと買取金額

古い物なのでスイッチやフィルター部分を拭いたり、掃除機で埃を吸い込むなどして、簡単にお掃除して準備し、持って行きました。

店頭に自由に使える台車の用意があったため、お店の駐車場から台車に乗せて、買取カウンターまで運びました。

 

査定に15分ほどかかるとのことでしたが、番号札を受け取り、店内でほかの商品を見ながら待つことができるので、時間が来るのもあっという間です。

 

店内放送で番号が呼ばれ買取カウンターにいくと、灯油ファンヒーター2台を1000円で買い取っていただけるということでした。

不要になったものですし古いものだったので、予想以上の買取価格にとても満足し、サインをし最後に買取金額をその場で受け取り、無事に買い取っていただくことができました。

不用なファンヒーターを高く買取してらう秘訣は?

スタッフさんから灯油ファンヒーターを売る場合には、

  • オイル漏れがないかどうか
  • 汚れ具合
  • 年式

などが主な買取額決定の項目と伺いました。

少しでも高く買い取っていただくため、あらかじめ表面やフィルターのお掃除をし、運搬時にオイル漏れがないように持ち込むことが、高額買取の秘訣のようです。

Comments are closed.